blog index

梶岡博樹のブログ●「この木☆なんの木☆かじおかひろ樹」前茨城県議会議員

茨城県守谷市出身在住32歳若手政治家かじおか博樹の日々を綴ります。「若い力が政治を変える」を合い言葉に、親が政治家でもない、国会議員の秘書の経験もない、いわゆる普通の若者のシガラミのない環境を活かし、市民の皆様の生の声をそのまま県議会に届けます!
profilephoto
<< チリ募金を赤十字に届けました! | main | 昨日の発言が新聞掲載されました! &母校けやき台中学卒業式→県議会 >>
保健福祉委員会デビュー戦からガチンコ勝負!

本日は保健福祉委員会が開催されました!




かじおか博樹は2番目の発言の機会を得ました!
写真左は傍聴者ではなく、記者席なのですが、本日は写真には写っていませんが、保健福祉委員会にかじおか博樹のサーフショップのお客さんが3名傍聴に来てくださいました!みんな20代の若者なのですが、是非若い人に政治に関心を持って欲しいということで傍聴にお誘いしました!県庁も見学して帰られたのですが、今後も委員会室の傍聴席は限られていますが、少人数ずつでもお誘いしようと思います。

本日の発言内容は
1、自殺対策について
2、民生委員が業務に専念できる環境整備について
3、動物愛護について
以上の3点です。

特に3の動物愛護についてはかじおか博樹のライフワークとも言うべき分野で、茨城県は動物の処分数全国ワースト1位なので、なんとしても不幸な動物を救わなくてはいけないということで、デビュー戦から執行部と真剣勝負の議論を展開しました!
動物愛護の前半は笠間の動物指導センターの処分数を減らすための施策について議論しました!
最下位を抜け出すには抜本的な改革が必要で、センター長を「ワースト1位を抜け出すために頑張る!」という気概のある人にやってもらうか、動物愛護のボランティア出身の民間のセンター長を採用すべきではないかと提案しました。
動物愛護の後半は、今や全国的に有名になってしまった阿見町ブリーダー問題について質問させていただきました。何を持って悪徳ブリーダーなのか?何を持って劣悪環境なのか?県の幹部に説明を求めたところ、「繁殖所が頭数の割には狭く、水も餌も与えていない情況が過去にはあった」という答弁があったので、それは劣悪な環境だと言う事で、厳しく県の体質を追及しました。

1で自殺対策の質問をしましたが、人が生きていくのが大変な世の中で、犬・猫のことなんてと、この中で思われるかたも多いかと思いますが、人として生命の尊重という大切なことに目をそむけてはいけないと思いますし、人間の身勝手で大切な命を粗末にしてはいけないと思う、と述べさせていただきました。

「阿見町ブリーダー」で検索すれば動物愛護団体のサイトが検索されると思いますので、まだご存知ない方はご覧頂ければと思います。


詳しくは議事録が出るまでお待ちくださいませ。




時間は終了時刻を表しているのですが、保健福祉委員会がやはり一番ボリュームがあって終了時刻は最後でした。



守谷に向かうために車に乗ると、県庁の敷地から出るまでに県庁渋滞にはまってしまいました。


しかも、雪が降っていて超寒いです!
後ろに写っているのは県警本部です!
守谷では傍聴に来てくださった若者が先に帰って待っているので急いで帰りますっ!



無事に守谷に着きました!
雪が降ってて寒いので鍋をやることにしました♪完全に学生ノリです(笑)

明日も保健福祉委員会が朝から開催されます!頑張りますっ☆

| この木☆なんの木☆かじおかひろ樹 | 県議会 | 22:36 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ