blog index

梶岡博樹のブログ●「この木☆なんの木☆かじおかひろ樹」前茨城県議会議員

茨城県守谷市出身在住32歳若手政治家かじおか博樹の日々を綴ります。「若い力が政治を変える」を合い言葉に、親が政治家でもない、国会議員の秘書の経験もない、いわゆる普通の若者のシガラミのない環境を活かし、市民の皆様の生の声をそのまま県議会に届けます!
profilephoto
<< 守谷市防災訓練 | main | 横田夫妻10月13日守谷に >>
決算特別委員会2日目


本日は決算特別委員会の前に全員協議会が開催され、執行部から集中豪雨による市内の被害報告と守谷駅東口駅前計画についての報告がありました。
写真の計画は、守谷駅東口駅前に計画されている医療モールの完成予想図です。物販・飲食・クリニック・サービス・オフィス等の業種が予定されています。来月から工事を開始して、来年の7月OPEN予定です。医療モールが駅前にできることは市民の皆さんにとっては大歓迎ではないでしょうか♪




その後、決算特別委員会が開催されました!本日も298億円の決算を審議します!

都市整備部所管 調整池維持管理経費の中でみずき野第2調整池の草刈費用が年3回実施していて3339000円なのに対して、ひがし野プロムナード水路の草刈が年2回実施で11791500円と桁違いに高額だとの質疑が出ました。行政側の回答は平面な場所とプロムナードのような傾斜地ですと単価が違うとのことでした。それにしても高額だなと感じました。

教育委員会所管  市内の小中学校の不登校児の割合は小学生・中学生ともに全体の5%とのことです。教育委員会では少しでも不登校児が減るように様々な対策をしております。

         昨今メディアで取り上げられている給食費の納付率は守谷市内では98%です。期別では未納が1171件ありまして、4716391円が未収となっております。公平性の観点から、各議員から納付率を上げるようにとの指摘が出ました。納付率のほかに、食材の高騰から、各自治体とも頭を悩ませています。他の市町村では、値上げをしない代わりに、弁当持参の日を設けているところもあります。

         ALT導入等の施策が順調で、市内の中学生の英検3級の合格率が平成18年のデータで、全国平均19%に対して守谷市では40%という約2倍の合格率です。国際化社会においてとても素晴らしいことだと思います。今後とも英語教育の予算は手厚くしていただければと思います。


以上が決算特別委員会2日目でかじおか博樹が注目した点のご報告でした。

| この木☆なんの木☆かじおかひろ樹 | 議会 | 22:28 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ